1. ホーム
  2. 葬儀の記事一覧
  3. 葬儀費用の相場
  4. 葬儀費用は後払いできる!葬儀費用の支払い方法を徹底解説
2019.02.21
266 views

葬儀費用は後払いできる!葬儀費用の支払い方法を徹底解説

葬儀費用は後払い可能!葬儀前に費用を支払う必要はない

葬儀費用を後払いできるのかどうかを知りたい人は多いのではないでしょうか。葬儀費用を用意できるか、すぐに現金を用意しなければならないのではないかと心配になる人が多いかと思いますが、葬儀費用は基本的に後払いとなっており、支払い方法も選択することができます。

葬儀は突然行わねばならないことが多く、葬儀のための費用をしっかり準備しているという人は多くありません。葬儀費用の額は大きくなっており、葬儀費用は地方別に違いがあるものの、まとまったお金が必要です。

地方別に葬儀費用の相場を見てみると、北海道が約108万円、関東地方は180万円、東北地方が約125万円、北陸地方が約180万円、中部地方が約152万円、近畿地方が約160万円、中国地方が約93万円、四国地方が約114万円、九州地方が約146万円となっており、ばらつきはあるもののかなりまとまったお金が必要となっています。

人が亡くなったときに一般的には葬儀を行いますが、突然このように多額の葬儀費用が必要になりますので、葬儀費用は後払いできるのか、いつまでに葬儀費用を支払わなければならないのか、分割払いやローンを組むことができるのかなど、事前に知っておくだけで「いつか訪れる葬儀」のために気持ちの準備をしておくことができます。

葬儀の費用は一般的な葬儀社では後払いを受け付けてくれていますが、葬儀終了後1週間以内から10日以内の間に支払うことが一般的となっています。葬儀費用は故人の相続財産の中から支払うことで節税となりますので、故人に現金預金がある場合は、その中から支払うとお金の算段にも困らず、相続税対策にもなりますのでおすすめです。

しかし、相続人同士が相談して合意のもとで支払うことが重要ですし、地域によっては「喪主や長男が支払うべきもの」という考え方のところもありますので、それぞれの家庭、環境に合わせて葬儀費用をどのようにねん出するのかを決めることも重要なことです。

葬儀費用を故人の死亡保険から支払いたいと考える人もいると思いますが、死亡保険金が実際に支払われるまではかなりの時間がかかりますので、葬儀費用の支払い期限までには間に合わないことが多くなっています。また、故人が死亡したことを保険会社に伝えると、銀行などにも死亡の事実が伝わってしまうこともあります。

銀行に故人の死亡が知られてしまうと、即座に預金口座を凍結されてしまいますので、金融機関に死亡したことを伝えることは時期を選ぶ必要があり、慎重に行う必要があります。故人が死亡した後も、病院への支払いや葬儀費用の支払いなど、現金が必要なことが多くなってきますので、お金のやりくりが必要な場合は、金融機関に死亡を伝えるのは色々と落ち着いてからの方が良いといえるでしょう。

葬儀費用の支払い方法 主流は現金払い

葬儀費用の支払い方法は、現金、クレジットカード支払い、葬儀ローンの三種類がありますが、現金での一括払いが主流となっています。葬儀を行う前に、葬儀社が見積もりを出してくれますので、どれくらいの費用が必要かということは大まかには把握することができます。しかし、参列者が予定より多くなって会葬返礼品や精進落とし料理の数が増えた場合などは、見積もりよりも多くの費用を支払わなければならない場合もあります。

また、お別れのための花束など、見積もりには入っていない項目の費用を後で予想外に請求される場合もありますので、見積もりを出してもらった際には「追加料金が発生する可能性はないのか」ということをきちんと確認する必要があります。

葬儀社でかかる費用は、このように葬儀社の見積もりで大まかに把握することができますが、お布施や戒名料、読経料と言われるものはお坊さんに直接支払うものですので、葬儀社への支払いとは別のものとして考える必要があります。

また、葬儀社への支払いは1週間から10日のうちに支払えば良いものの、お布施などの支払いは通夜に現金で手渡しする場合が多いので、すぐに必要なお金といえます。葬儀費用がどれくらいかかるのかを把握するためには、葬儀社への見積もりを依頼する他に、お布施としてどれくらいの金額を包めば良いのかということも考えておく必要があります。

葬儀費用の支払い方法 クレジットカード払いができるところも

今までは葬儀費用の現金払いが主流だったものの、最近では葬儀社によってはクレジットカード払いを受け付けているところも増えてきているようです。やはり葬儀費用は高額ですし、すぐに現金が用意できないという人も多いことが背景にあるようです。また、そのときに葬儀費用のための現金をすべて用意はできないけれど、盛大に見送ってあげたいという希望がある人も多く、現金とクレジットカード払いを併用する人もいます。

葬儀は故人のためのものですが、「きちんとした葬儀を執り行えた、しっかりと送ってあげることができた」と残された人達が感じることが、悲しみを少しでも癒すことにもなります。故人のための葬儀は一度しかありませんので「あのときこうしてあげておけばよかった」と後悔することがないように、どのように送ってあげたいのかという希望をまずは葬儀社に伝えてみましょう。

費用面で問題がある場合でも、現金以外の支払い方法を提示してくれるところも増えていますので、まずは相談してみることが大切です。

クレジットカードを使うメリットとして、ポイントを貯められるということが挙げられます。クレジットカードのポイント還元率は様々ですが、高い還元率と言われているところは買い物額に対して1%以上ポイントがつくことが多く、例えば150万円の支払いを行った場合は、1万5千円分のポイントをもらえることになります。

特に還元率が高いクレジットカードとして有名なのは、「Orico Card THE POINT」と「楽天カード」が有名です。オリコカードは、入会後半年間は還元率が2%とかなりお得なカードとなっています。半年が過ぎても、通常の還元率が1%となっており、高いポイントがもらえることにかわりはありません。

また、楽天カードは楽天以外の買い物でも1.5%~2.0%の還元率になることもあり、定期的にポイント付与キャンペーンが行われているなど、お得なチャンスが多くあります。葬儀は突然行うものですので、そこからカードを作り始めるのは間に合いませんが、普段使いとしてポイント還元率が高いカードを作っておくのもひとつの方法です。

クレジットカードの利用限度額が少なくても、葬儀費用を支払うときにカード会社に連絡すると、一時的に限度額を上げてもらえることもありますので、葬儀費用をクレジットカードで支払いたい場合は、クレジットカード会社に事前に連絡を入れておくとスムーズに支払いをすることができます。

葬儀費用の支払い補法 葬儀ローンは金利が低くメリットあり

 

葬儀費用を支払う方法として、葬儀ローンという選択肢を用意してくれているところもあります。葬儀ローンとは、葬儀社と銀行や信用金庫、クレジット会社や信販会社など複数の会社が提携して利用者に提供しているローンの一種で、葬儀費用の分割払いをすることができます。

分割回数は葬儀ローンによって違いはあるものの、数回~36回までのところが多いようです。ただし、これはローンなので審査を受けることが必要です。葬儀ローンに申し込むと、現在の借り入れや過去の返済状況、現在の携帯電話料金やクレジットカード利用料金の支払い履歴などの情報から審査が行われ、審査に通過すると葬儀ローンを組むことができます。

葬儀ローンは申し込んだ当日には審査結果がわかることが多く、融資もスムーズに行われるため、近年利用者が増えてきています。ただし、分割払いの利息はかかりますので注意が必要です。

葬儀ローンの利息は、通常の銀行ローンよりは高いもののクレジットカードのリボ払いやキャッシング、カードローンの利息よりも低くなっていますので、これらの支払い方法を検討しているのであれば、葬儀ローンの方が、金利が低くおすすめということになります。また、葬儀ローンの場合は頭金を入れたり、ボーナス払いを設定したりすることもできますので、早く支払いを終えたいという人にはメリットが多いと言えるでしょう。

お布施や戒名料は現金払いのみ?後払いで良いの?

葬儀社に支払う葬儀費用は現金払い、クレジットカード払い、葬儀ローンという3つの選択肢がありますが、お坊さんに支払うお布施料や読経料、戒名料は現金で手渡しという形になっています。

これらは通夜が始まる前に、お坊さんに挨拶する際に手渡しすることが一般的なので、この費用は必ず現金を用意する必要があります。お坊さんへ挨拶するタイミングなどは葬儀社の人が教えてくれますので、わからないことも葬儀社の人に聞くと良いでしょう。

お坊さんにお渡しする場合は、表書きを「お布施」とすると良いでしょう。お布施には「戒名料」「読経料」を含んでいる、包括的な意味合いがありますし、読経料という言い方を使わない宗派もありますので、お布施とした方が安心です。

葬儀では、通夜と告別式の2度お経をあげてもらうことなりますが、その読経の相場は、関東圏では20万円~30万円、関西圏では20万円前後となっています。これは僧侶一人当たりの読経料ですから、盛大な葬儀を執り行う場合は、僧侶の人数分読経料が必要ということになります。

つまり、僧侶を3人呼べば、関東では60万~90万円、関西では60万円程度必要ということになります。ただし、これらはおおまかな相場の目安であり、地域性がありますので、葬儀を行う土地柄に合わせるようにした方が安心です。地域性に関しても、葬儀社の人はよく理解していますので、相談すると良いでしょう。

お布施にはこれらの読経料の他に「戒名料」も含めなければなりません。戒名は必ず必要ではないものの、お寺にお墓がある場合は絶対に必要となります。もしも仏式のお葬式をせず、火葬だけで宗派を問わない霊園に埋葬する場合は、戒名は必ずしも必要ではありません。しかし、仏式の葬儀の場合は、戒名は必ずついてきますので、「戒名はいりません」というやり方はできないことになっています。

戒名の相場ですが宗派によって、またランクによっても戒名料には大きな開きがあります。一つの目安として真言宗・天台宗の場合を紹介しますと、信士・信女は30万~50万円、居士・大姉は50万円~70万円、院信士・院信女が80万円から、院居士・院大姉が100万円からとなっています。

このように、ランクによって価格に大きな開きがありますので、遺族で話し合って納得いくものを選ぶと良いでしょう。お布施には、このように読経料に加え、戒名料を加えたものをお坊さんに手渡しすることになりますので、最低でも50万円前後は必要ということになります。

お坊さんに手渡しするお布施は見積もりを出すこともできないため、自分が住んでいる地域の相場がわからないということも多いと思いますが、葬儀社の人に「皆さんどれくらいの金額を包まれていますか」と聞いてみるのも1つの方法です。葬儀は一生に何度も行うものではなく、皆わからないことが多いなかで行っていますので、遠慮せずに葬儀社の人に色々相談すると良いでしょう。

葬儀費用が後払いでもお金がない!低価格の家族葬の評判は?

葬儀費用は後払いができ、葬儀社によっては現金払い・クレジットカード払い・葬儀ローンと色々な支払い方法を用意してくれているところもありますが、お布施は必ず通夜に現金手渡ししなければなりませんし、葬儀費用をどうしても捻出できないという人もいるでしょう。お金が本当にないときに限って身内が亡くなってしまったというタイミングの悪さが重なってしまう人もいます。

最近では本当に必要なことだけを行う、こぢんまりとした家族葬を行う人も増えています。このようなお葬式で有名なところは「小さなお葬式」や「葬儀コンシェル」などがあるのですが、価格とプラン内容を厳選し、華美なものを省き、祭壇費用やお棺代、骨壺代などを必要最低限のものにして低価格を実現しているため、利用者の満足度が高く、人気が上昇しています。

元来の葬儀社では、見積もりに含まれていないものを後から請求されることも多く、「見積もりの時に説明されていない」と納得いかない場合でも、故人のお葬式で金銭的にもめることは良くないという考えから、結局は支払うことが多くなってしまい、葬儀後に不満を抱く人も少なくありません。

しかし、低価格の葬儀を行っている葬儀社では、セットプランにして後から追加料金の請求がないように明瞭会計の仕組みにしているところが多く、満足度が高い低価格の葬儀を実現しています。昔は盛大な葬儀をすべきという風潮があったかもしれませんが、最近は家族でゆっくり、心ゆくまでお別れができるということで家族葬などの低価格の葬儀を選択する人が増えています。

もちろん、葬儀費用を安く抑えられるということはメリットですが、参列者の対応に追われることなく、身内で思い出を語りながらゆっくりと見送ることができるという点が評価され、家族葬が増えているということも覚えておきましょう。

葬儀費用は後払いできる!葬儀費用の支払い方法を徹底解説

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事