1. ホーム
  2. 葬儀の記事一覧
  3. 葬儀費用の相場
  4. 葬儀費用の相場を知っておこう!見積もり依頼で注意すること
2019.02.21
167 views

葬儀費用の相場を知っておこう!見積もり依頼で注意すること

葬儀にかかる費用とは?

葬儀費用の全国平均はいくらか?

2016年の日本消費者協会が行った調査では、200万円とされています。葬儀にかかる費用は、意外と高額になることが多いです。

葬儀自体が一生で数度しか行わないこともあり知らないことが多いため、葬儀社に言われたままに行うこともあります。言われるがままに行った葬儀で、言われるがままの費用を払っていたことも多かったでしょう。酷いケースでは葬儀をして破産に追い込まれた家族もあったようです。葬儀に関する費用が不透明過ぎるため、透明化しようと様々な企業が明確な料金プランの葬儀を行っています。

葬儀という宗教観が強い部分の費用が、透明化することに宗教法人などから非難されている部分もありますが、明確な費用になることは消費者にとってはありがたいことです。とはいえ、葬儀費用はそれほど安いものではないのは事実です。

費用の内訳について

一般的に葬儀費用というと、告別式や通夜などの式そのものにかかる費用全部だと思われています。しかし葬儀費用というのは、それだけではありません。供養をしてもらった宗教家さんへのお礼や、会葬者へのお礼などの費用も発生するのです。それらを足し合わせると、びっくりするような金額になっています。

葬儀の施行にかかる費用として、120万円。読経などのお礼として宗教者への払う費用が50万円。接待飲食費として40万円。というのが平均的な費用です。全部足すと210万円という金額になります。

心づけなどの費用もある

葬儀費用には、上記の費用の他にもかかる費用があります。葬儀の間にお世話になった人への、心づけです。金額については間柄や、付き合いの深さなどによっても変わってきます。葬儀の担当者や、霊柩車の運転手、葬儀をお手伝いしてくれた人たちに心づけをするのが一般的です。火葬場では公的機関であり、そこで働く人は公務員扱いとなるため心づけは必要ありません。

平均して1人当たりの金額は、3000円~5000円が相場と言われています。お世話になった人が多ければ多いほど高くなってしまいますので、注意が必要です。

葬儀費用の内訳

葬儀を施工するための費用一式

葬儀の施行や運営は、通常葬儀会社が取り仕切ってくれます。葬儀会社の人にお任せしておけば、間違いはないでしょう。そのための費用は葬儀会社に支払います。例えば、会場の設営費やレンタル費用、祭壇やお棺、花などがそれにあたります。

その他に火葬場と葬儀場との移動、火葬場の使用料、病院からの移送、霊柩車での移動などの移動費用や、遺体を安置しておく場所などの利用料などもこの中に入ります。これらの費用も、葬儀会社が準備してくれるため葬儀会社への支払いになります。

通夜や告別式などの式の運営費用も同様になります。一方で、通夜や告別式でお坊さんが読経したり、供養をしたりしてくれますが、この費用は入っているケースと無いケースがあります。葬儀社で依頼して準備してくれる場合には、入っていることもあります。自分で手配する場合にはこの中の費用に入ってきません。

参列者へのおもてなし費用

通夜や告別式の参列者や会葬者へのおもてなしをする事があります。接待をするための飲食にかかる費用が、別途で発生します。最近では、家族葬や身内だけで葬儀を行うことで、これらの費用が発生していないこともあります。

一般的な葬儀や、身内だけの葬儀でも通夜振る舞いや精進落としなどの料理を、故人をしのんで食べることがあります。ゼロにすることも、費用をかけることもできるのもこの接待費用です。どのようにするかは喪主の意向次第でしょうが、身内だからこそ揉めることもあるので、揉めない程度のおもてなしは必要かもしれません。

宗教者へのお礼の費用

葬儀の中で読経をしてもらうので、葬儀一式の中の費用になっていると思われがちなのですが、読経料や戒名料と呼ばれるものはお坊さんに直接手渡しするのが一般的です。葬儀社に紹介してもらってお越しいただいても、支払いは別途になっていることも多いです。その費用は葬儀一式の費用の中に無いので、注意が必要です。

読経料の平均金額が、20万~30万円です。戒名料も込みで40万円~50万円ほどが宗教者へのお礼の費用としてかかります。この金額は宗派やお寺によってまちまちであり、高いところだと青天井になっています。戒名は6字、9字、10字と長さが違い金額によって長さが長くなる傾向があります。ただし、お寺との関係性や日ごろの行いなどでも若干は変わるようです。

宗教者へのお礼は、葬儀社が斡旋してくれる場合を除いては自分でお寺に相談してみればいくらぐらいかは分かります。住職に尋ねると相場はこれくらいですよと教えてはくれます。あくまで謝礼の意味を込めてお渡しするものなので、明確にいくらとは答えてくれませんが、おおよその妥協金額を相談しておくと良いですよ。

業者が見積もりをする範囲とは?

葬儀社が行う範囲

葬儀社が行うのは、葬儀そのものの運営です。遺体の運搬から始まり、葬儀を運営して、火葬するまでの一連の運営を行ってくれます。火葬場の使用手続きを代行してくれたり、死亡証明書を代行で採ってくれたりなどの代行サービスもあります。基本的には、葬儀に関わることすべてを取り仕切ってくれるのが葬儀社です。特に何も言わなければ、一般的な葬儀内容で行います。

見積もりの範囲

特に何も言わずに、葬儀の見積もりを葬儀社に依頼をすると、当然自分たちが行う作業範囲での見積もりになります。ほとんどの葬儀社の場合は、葬儀の施行にかかる費用だけを見積もりします。

つまり、葬儀社にとっては、お寺への支払いは直接やって欲しいことですし、弔問客へのおもてなしも特に依頼が無ければ何もしないというスタンスでいることが多いです。特に、お手伝いをご近所の人がしないような葬儀社主導の葬儀では、必要ない事が多いので手配をしないのが普通です。

見積もりの範囲外の費用

見積もりの範囲外の費用のうち、自分で手配するべきものの代表は菩提寺への連絡です。葬儀日程を伝えて、どの程度の規模の葬儀になるかを相談しましょう。お寺へのお礼の費用は、そこで決めることが多いです。分からなければ聴けば、この程度が相場ですよと教えてくれると思います。

もう一つは、おもてなしの飲食物です。こちらは、葬儀会社によっては用意をしてくれるところもあります。予算と人数を教えれば、それに見合ったものを葬儀会社の方で手配してくれます。範囲外になるかどうかは、打ち合わせの時に話しておくと良いでしょう。

見積もりを依頼する業者とは?

病院で紹介された葬儀会社

病院で葬儀会社を紹介してくれることがあります。葬儀会社を知らない人にとってはありがたい部分ではありますが、見積もりまでしてから断りにくいという部分はあるかもしれません。しかし、病院から紹介されたからと言って断ってはいけないということはなく、見積もりを依頼してから決めても問題は無いです。

ただし、遺体を運ぶのを早くしてくれるように病院から急かされることがあります。その場合には、とりあえず運搬だけ先にしてもらい、その後の葬儀は改めて相談でも良いでしょう。

自分でみつけた葬儀会社

病院で亡くなる人が多い昨今では、余命宣言をされることも多いでしょう。そのために前もって葬儀会社を探しておくことも可能かと思われます。前もって見つけてあった、あるいは自分で見つけた葬儀会社があれば、見積もりを依頼すると良いでしょう。

見積もりの内容や金額によって、葬儀を行ってもらう葬儀会社を選ぶのが一般的です。調べただけでなく、自分が行いたいサイズ感の葬儀の見積もりを依頼しましょう。

一括見積サイトなどを利用

ネット上には、一括で見積もりを取れるサイトがあります。こういったサイトを利用するのも一つの解決策です。また、電話一本で相談に乗ってくれて、葬儀会社などを紹介してくれるところもあります。葬儀のコンシェルジュのようなところで、探すのも一つの方法です。

事前にできる限り調べておこう

葬儀会社は地元に密着した会社もあれば、全国各地で施行している業者もあります。地域密着型ならば、その地域に根付いた風習や慣習に基づいて葬儀を行ってくれるので、地域の方とのトラブルも減るでしょう。しかし、そうでない場合にはトラブルの原因となってしまうこともあるので注意が必要です。

急死してしまうような場合を除けば、ある程度前もって事前に準備をしておけるでしょう。葬儀会社を選ぶために調べておいても損はないです。

見積もりを依頼するときのポイント

葬儀会社を選ぶための見積もり

見積もりは葬儀を運営してもらうための葬儀会社を選ぶために依頼をします。先入観を捨てることと、選ぶことができるように数社に見積もりを依頼するべきです。同地区の葬儀会社であれば、相場がありそこからの変動はとても少ないでしょう。できれば、全国対応してくれる葬儀会社を一社入れておくのがおすすめです。

何故ならば、同地区の葬儀会社どうしであれば、どちらを選んでも大差のないような見積もりになりがちです。そのため妥当な金額かを判断しにくくなります。その他の地域でも葬儀を行っているような葬儀会社であれば、地域特有の相場ではなく純粋に適正価格を付けてくれる可能性があります。それを判断材料にすることで、葬儀会社を選べるような見積もりの依頼ができます。

見積もりの範囲を確認する

見積もりをもらったら、その範囲を必ず確認しましょう。抜け落ちている点が無いか、不足しているものはないかを確認する必要があります。その上で、その費用が妥当かどうかの判断をしましょう。

見積もりの範囲外の領域があまりに多い場合には、その穴埋めをしなければなりません。他のことが安くても足りない部分を埋めるのに高額な費用がいる場合も無いとは言い切れません。その葬儀会社がやってくれる範囲を見定めて、できるだけ自分で行って安くするか、お任せしても全体通して安くできる方法を話し合うか、どちらが良いかで判断しましょう。

見積もり範囲外の費用を抑えておく

菩提寺がある場合には、そのお寺に供養をお願いするでしょう。その場合には、その料金も考慮しておく必要があります。供養をしてもらうようなお寺を知らなければ、葬儀会社から紹介をしてもらうこともできるかもしれません。供養も含めて葬儀会社に一任することで、見積もりの範囲外の部分を無くしてしまうこともできるでしょう。

見積もりの範囲外になる、菩提寺へのお礼は自分で交渉しておいて、いくらになるかをしっかりつかんでおきましょう。その上で、葬儀全体の費用が予算内にすむのかどうかを考えることが大事なポイントです。

分からない事はしっかり聴こう

葬儀の費用は普段見慣れない言葉や、文言が多く存在します。分からないからと言って放置しておくのではなく、これはどんな費用なのかを聴きましょう。聴いてしっかり対応してくれる葬儀会社ならば、適正価格で行ってくれるでしょう。聞いたり、相談したりしても適当にしか返されないのであれば、その対応がそのまま葬儀につながる可能性もあります。

葬儀会社を選ぶときのポイントでもあるので、相談や質問にちゃんと対応してくれる会社かどうかをしっかり見極めましょう。

葬儀会社に悩んだらおすすめ!

いい葬儀

いい葬儀では、24時間365日、専門の電話オペレーターが待機していて葬儀に関する相談に対応してくれています。特に急に亡くなってしまい、どうしたらいいのかも分からない場合、病院で葬儀社を紹介してくれることもあります。その葬儀社は断りにくいものですが、断っても構わないのです。

そういった小さなことから、遺体を支給運ばなければならないがどうしたらいいのか分からないとか、旅先で急に亡くなったから移動をしたいなどの対応も親身になってしてくれます。葬儀は行わなくても、移動だけの相談でも柔軟にしてくれます。とても便利な相談相手として、葬儀に悩んだら電話して聴いてみてはいかがでしょう。

  • いい葬儀

    深夜早朝でも専用のフリーダイヤルで対応している「いい葬儀」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 葬儀社による
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★★★

    いい葬儀は、警察や病院からの搬送にも対応しているので、突然のご危篤やご逝去でも戸惑うことはありません。 24時間365日応対しているフリーダイヤルから、すぐに連絡できるので、急な葬儀でも安心です。 累計相談数30万件以上の実績で、国内長距離や海外からの搬送にも対応しています。なお、葬儀の関する電話…

小さなお葬式

小さなお葬式は、NHKを始めとして民法会社などのマスメディアでも紹介されているほど、最近話題沸騰の葬儀社です。2017年には全国葬儀受注NO,1にも輝いており、実績も充分にある葬儀社です。葬儀は全国の葬儀場で執り行っているので、どんな人でも依頼することが可能です。また、常時スタッフがサポートしてくれているので安心して任せることができます。

料金も明瞭であり、プラン以外にかかる料金は特殊な事情が無い限りありません。良心的な価格帯でもあり、料金が不明瞭になりやすいお坊さんの手配も定額でしてくれます。安心して葬儀を任せられるので、おすすめの葬儀社です。

  • 小さなお葬式

    葬儀価格の見直しでシンプルながらも安心の葬儀「小さなお葬式」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥140,000(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★★

    小さなお葬式には、低価格でもゆっくりとお別れができるセットプランが用意されています。 最安値のシンプルな葬儀でも必要なサービスがすべて含まれているため、追加料金は一切不要。 24時間365日受け付けているフリーダイヤルで、突然の葬儀にも対応しています。なお、4,000以上の提携式場があるので、葬儀…

葬儀コンシェル

葬儀が終わったら全て終わりというわけではありません。葬儀コンシェルでは、葬儀が終わった後のことも相談に乗ってくれます。遺骨をどうするのかというのは、お墓や仏壇の問題もありますし、あとに残さない永代供養にすることや散骨するなど方法はいろいろあります。メリットデメリットを含めて、親身になって相談に乗ってくれます。

コンシェルと名付いているように、相談者に寄り添って一番良い方法を提案してくれます。供養の方法、遺産の整理なども相談に乗ってくれるので、葬儀だけではなくそのあとの対処方法も相談に乗って欲しい人には、おすすめです。

葬儀は一生の中でも数回しか経験しないため、分からないことも多いですし、そのまま放置してしまうこともあるでしょう。解決を後回しにしても良いことは無いので、解決できることは早めに解決しておきましょう。

  • 葬儀コンシェル

    24時間365日最短30分でのお迎えが可能「葬儀コンシェル」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥187,800(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★

    葬儀コンシェルでは、また、必要最低限のプランを安心価格で利用することができます。追加料金不要の家族葬と密葬プランも特徴です。 葬儀の相談は24時間365日、経験豊富なスタッフが対応しているので、突然のご逝去でも安心。 見積もりや葬儀の手配も行っています。60秒の簡単入力をすれば、無料資料請求も可能…

葬儀費用の相場を知っておこう!見積もり依頼で注意すること

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事