1. ホーム
  2. 葬儀の記事一覧
  3. 葬儀費用の相場
  4. 葬儀費用で知っておきたい返礼品の相場!選び方とマナーについて
2019.02.21
233 views

葬儀費用で知っておきたい返礼品の相場!選び方とマナーについて

知っておきたい葬儀費用の内訳

葬儀の前にかかる費用

葬儀費用の相場は平均で約200万円といわれていますが、ふさわしい葬儀をするには内訳について知っておく必要があります。

まず葬儀の前にかかる費用というのがありますが、寝台車、枕飾り、遺体保存処置、遺体搬送費、遺体のメイクアップ、保管料、お棺などがそれに相当します。寝台車というのは病院から自宅、自宅から斎場へ個人を搬送する費用。枕飾りは仏式の場合、花立て、香炉、燭台の三具足、線香やろうそくなどの費用。保管料は自宅で安置できない場合に葬儀社や斎場の安置室を借りる費用です。

お通夜と葬式にかかる費用

お通夜と葬式に必要となるのは、式場使用料、祭壇、位牌、祭壇廻り、遺影写真、受付や焼香の用具、会葬礼状などです。葬儀社によっては式場使用料が含まれないこともあります。

祭壇の費用は白木祭壇と花祭壇があり、花祭壇の場合は造花と生け花から選びます。祭壇廻りというのはお供物や水引幕などの費用。受付や焼香の用具というのは筆記具、記帳用紙、貴重品袋、線香、ろうそくなどの費用です。これらの他に、会場に音楽を流す時の音響設備、照明設備などの費用がかかることもあります。

葬儀場以外にかかる費用

葬儀場の外でかかる費用としては、門灯造園などの装飾、テント、案内看板、霊柩車、バスやハイヤー、火葬料、火葬中の待合室使用料、雲煙スタッフや運営管理の費用などがあります。

門灯造園などの装飾というのは、斎場入口に家紋の入った提灯や高張などの費用。テントは会葬者が斎場に入りきれない時などに必要とします。バスやハイヤーは身内の移動用です。葬儀を運営するスタッフの司会進行、交通整理などの費用や葬儀全般の運営管理するための費用も必要です。

参列者にかかる費用

葬儀費用の内訳で気をつけたいのは、参列者に必要となる費用です。お通夜の場合には通夜料理、告別式の場合は告別料理を用意しなければなりません。料理の他にお酒などの飲み物も含まれます。

参列者や料理の内容によって値段は変わってきますが、一般的に通夜料理と告別料理は20名の家族葬で約10万円。参列者が50名になると25万円からというように費用は増えていきます。その他には参列者に配る会葬返礼品も用意する必要があります。

返礼品と香典返しの違い

返礼品とは

葬儀には色々なマナーがありますが、葬儀に参列してくださった方には返礼品や香典返しをしなくてはなりません。間違いやすいのが返礼品と香典返しの違いです。この2つを混同しているケースがあるので、事前に把握しておいてください。返礼品というのは、香典をいただいたかどうかに関係なく参列してくださった方全員にお渡しするものです。

香典返しとは

香典返しというのはお香典をいただいた方に対して、お礼としてお渡しするものです。返礼品は参列者が帰る時に渡しますが、香典返しは四十九日の法要が終わってから渡します。相手を訪問して会葬のお礼と香典返しを渡すと丁寧になりますが、一般的には郵送で送ります。

ちなみに香典返しの費用相場は、いただいた香典の3分の1から半額が目安。何を送ってもかまいませんが、食品類のように食べてなくなってしまうものがよいとされています。最近は相手が好きな物を選べるカタログギフトが人気です。

即日返し

最近増えているのが即日返しです。香典返しを忌明けに行う煩わしさを避けるため、葬儀の当日に香典返しの品物をお渡しするやり方です。

香典の額にかかわらず、一律2,000円から3,000円ぐらいの品物をお渡しします。葬儀のあとの四十九日の法要まで時間を空けると香典返しの渡し忘れなども起こりやすいので、葬儀の当日にお返しをするのです。このような即日返しが一般的になりつつあります。

返礼品で忘れてはならないマナーとは

お礼状を添える

参列してくださった方への返礼品にはお礼状を添えるのがマナーです。通夜や告別式にきてくれた人への感謝の気持ちを表すもので、手渡しします。お礼状の内容ですが、まず葬儀に参列してくれたことへのお礼を書きます。そして書状による略儀のお礼になってしまったことへのお詫びの文面を入れます。

参列者へのお礼状は簡素なものでいいのですが、生前の故人との親交についてのお礼を書くこともあります。気をつけたいのは、会葬の礼文には句読点や段落をつけない縦書きにすることです。

消耗品を選ぶ

返礼品を選ぶ場合は、あとに残らない消耗品を選ぶのがマナーです。葬儀社に任せておけば安心ですが、自分で選ぶ時には手頃な値段のもので持ち運びに便利な品物を選ぶようにします。香典返しとは違い、参列してくださったことへの感謝を表すので手頃な値段のものでかまいません。

清めのお塩

返礼品と一緒に渡すものに、清めのお塩があります。これは宗派や宗教によって違いますので、事前に葬儀社に相談しておく必要があります。古くから塩は穢れを払うものとして使われており、参列者は自宅へ入る前に清めのお塩を胸、背中、足元の順にかけるようにします。

手書きのお礼状

返礼品に添えるお礼状をワープロやパソコンで作るのはマナー違反です。できれば手書きにしてください。またお礼状には時候の挨拶を書いてはいけませんし、句読点をつけないように気をつけます。

商品券や金券は避ける

返礼品はよほど親しい人以外は、商品券や金券を渡すのはマナーに反します。大事なことは参列してくださった方へお礼の気持ちを表すことなので、商品券や金券はふさわしくありません。わからない場合は葬儀社に尋ねるか、任せてしまいましょう。地方によっては風習や習慣に従う必要もあるので、事前に調べておくとよいでしょう。

返礼品の相場と品物の選び方

値段の相場

返礼品は香典とは関係なく、会葬してくださった方へのお礼として全員に渡すものです。香典返しとは違うので、手頃な値段の品物を渡すのがよいとされています。

商品の金額としては300円ぐらいから1,000円ぐらいまでが一般的な相場です。葬儀社に依頼するケースが多いですが、この相場を基準に品物を選ぶようにします。また葬儀社に依頼する場合は、使用した商品分だけ精算することを事前に伝えておく必要があります。

品物の選び方

金額の相場が300円から1,000円ぐらいなので商品の選択肢は限られてきますが、基本的にあとに残らない商品で簡単に持ち運びできるものを選びます。

よく使われるのがタオルやハンカチなどの繊維用品で、値段も手頃で持ち運びに便利です。タオルには悲しみを包み込むという意味合いがあります。ハンカチはブランド物を選ぶと高級感を出せます。小型の石鹸なども不幸や悲しみを洗い流すという意味合いで、返礼品に使われます。

消耗品としてよく使われるのがコーヒーや紅茶、お茶や海苔、羊かんなどです。日常生活でよく使うものを選ぶと喜ばれます。

葬儀費用の不安を取り除く終活のやり方

葬儀の生前契約

終活は残された人生を有意義に過ごすために行いますが、残された家族への配慮でもあります。急に亡くなった時に残された家族にとって最も重要なのが葬儀費用です。まだ元気なうちに終活をやっておけば、自分にとっても家族にとっても心が安らぎます。

終活でぜひやっておきたいのが、葬儀の生前契約。これは自分で葬儀社と相談して葬儀内容を決めておくことです。生前契約をしておけば、万一の時でも家族に葬儀費用の負担がかかりません。

生前契約のメリットは、あらかじめ葬儀の規模を決められることです。参列者のおおよその人数なども事前に把握しておけば、葬儀の規模も決めやすくなります。また身寄りがない人などは、生前契約をしておくことで安心できます。

葬儀社の中には生前契約プランを設定しているところがあるので、そのような葬儀社と相談をしながら葬儀費用や返礼品などを具体的に決めることができます。

エンディングノート

葬儀の生前契約と同じく重要なのがエンディングノートです。万一のことがあった場合、加入している保険や年金について、銀行などの預貯金、葬儀の内容や会葬者への連絡など家族に伝えたい情報をノートに記入しておきます。

葬儀の生前契約をしている場合なども、エンディングノートに細かく書き残しておく必要があります。例えば葬儀のプラン内容や返礼品などについて記入します。生前契約をする葬儀社では、サービスとしてエンディングノートを無料で提供してくれるところもあります。終活を考えたら、まず葬儀社に相談をするのがベストでしょう。

家族と相談しながら進める

いくら葬儀の生前契約をしてあるといっても、実際に執り行うのは喪主であり残された家族です。葬儀社に相談する場合は家族の同意を取り付ける必要があります。

自分は家族葬がいいと思っても、息子などは仕事関係のことを考えて規模の大きな葬儀をしたいと思っている可能性もあります。葬儀で混乱をきたさないためには、終活を家族と相談しながら行う必要があります。

例えば自分一人で終活を進めてしまうと、墓石や墓地を二重購入してしまうといった恐れも出てきます。エンディングノートは個人で作成するべきものですが、葬儀や納骨、お墓などは家族と相談しながら進めましょう。

一括見積もりを利用する

終活をする場合、葬儀費用をどのくらいにするかがポイントになります。そのためには一般的な葬儀費用の相場を知る必要があり、そのために役立つのがインターネットの一括見積もりサイトです。

このようなサイトでは複数の葬儀社から無料で見積もりを取れるので、比較検討しながら選べます。また住んでいる都道府県から葬儀社を選ぶことができますし、葬儀の形式やプランごとに見積もりが取れます。

見積もりしてもらっても契約する必要ありませんので、気楽に利用できます。もしも葬儀費用な内容で気に入った葬儀社が見つかれば、資料を送ってもらって検討することも可能です。ネットの一括見積もりサイトなら色々な葬儀社の葬儀費用を比較できるので、終活を進める上でとても便利です。

終活で参考にしたいサイト

24時間全国対応の「いい葬儀」

不幸は突然やってきます。死亡という現実に直面した家族は葬儀のことにまで気が回りません。そのような時に利用したいのが「いい葬儀」です。24時間365日受付と電話相談に対応しているので、深夜でも早朝でも相談できます。

例えば病院で亡くなった場合は自宅や安置所までご遺体を運ぶ必要がありますが、「いい葬儀」に電話をすればすぐに対応してくれます。亡くなった場合は病院から死亡診断書を出してもらいますが、そのような細かいサポートもしてくれるのが特徴です。

病院だけでなく警察署からご遺体を運ぶ場合にも利用できますし、旅行先や主張先で死亡した場合などの長距離の移動にも対応してくれます。日本国内だけでなく、海外からのご遺体の送還なども可能です。海外の場合は大使館の手配や航空便の貨物手配や予約なども代行してくれます。

また急な葬儀を行うことになった場合、どこの葬儀社に頼んだらいいかわからなくても、「いい葬儀」に電話をすれば希望に合った葬儀社を紹介してもらえます。急な葬儀や遺体搬送などで困った時に便利なのが「いい葬儀」です。

  • いい葬儀

    深夜早朝でも専用のフリーダイヤルで対応している「いい葬儀」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 葬儀社による
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★★★

    いい葬儀は、警察や病院からの搬送にも対応しているので、突然のご危篤やご逝去でも戸惑うことはありません。 24時間365日応対しているフリーダイヤルから、すぐに連絡できるので、急な葬儀でも安心です。 累計相談数30万件以上の実績で、国内長距離や海外からの搬送にも対応しています。なお、葬儀の関する電話…

葬儀費用を抑えたい時の「小さなお葬式」

小規模なお葬式をしたい人におすすめなのが「小さなお葬式」です。テレビなどのマスコミでも取り上げられており、葬儀費用をできるだけ節約したい人向けに人気を集めているサイトです。

例えば葬儀に必要なものを含んだセットプランが、14万円(税込)から執り行うことができます。ただし公営火葬場がない地域に住んでいたり、オプションサービスを希望したりする場合は別途費用が必要です。

この低料金は、お葬式はお金がかかるものという従来のイメージをひっくり返すほどのインパクトがあり、実際の利用件数が全国で累計15万件を突破しています。

提携している葬祭場が日本全国に4,000以上もあるのが強みで、利用した人の満足度も93.4%と非常に高くなっているのが特徴です。安かろう悪かろうというものではなく、低料金でも高品質な葬儀が可能になるのが「小さなお葬式」になります。

「小さなお葬式」のサイトを見ると、なぜこのような提供金でお葬式ができるかについて説明があります。例えば一般的なお棺代は3万円から8万円ですが、原価は8千円程度。このようなことが葬儀費用の高価格に影響しており、「小さなお葬式」では徹底したコスト管理によって低料金を実現しているわけです。

不透明な葬儀費用を適正価格に見直しているのが「小さなお葬式」なので、葬儀費用を抑えたい人にはおすすめでしょう。

  • 小さなお葬式

    葬儀価格の見直しでシンプルながらも安心の葬儀「小さなお葬式」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥140,000(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★★

    小さなお葬式には、低価格でもゆっくりとお別れができるセットプランが用意されています。 最安値のシンプルな葬儀でも必要なサービスがすべて含まれているため、追加料金は一切不要。 24時間365日受け付けているフリーダイヤルで、突然の葬儀にも対応しています。なお、4,000以上の提携式場があるので、葬儀…

葬儀のことなら何でも相談できる「葬儀コンシェル」

お葬式というのは人生に何度も経験するものではないので、家族の死に直面すると何から手を着けていいかわからなくなります。そのような時におすすめなのが「葬儀コンシェル」。ホテルのコンシェルジュのように、葬儀に関する疑問や悩みや相談事に対応してくれるサイトです。

急な葬儀にも対応してくれますし、事前に葬儀プランの相談にも応じてくれます。フリーダイヤルで24時間365日受け付けているので、いつでもどこからでも電話相談が可能です。またメールでの相談や見積もりも依頼できます。

例えば最近増えている家族葬のプランでは総額487,000円(税込)となっており、病院から自宅へのご遺体の搬送と安置、納棺からお通夜、告別式から火葬に至るまでのすべてが含まれた費用です。

さらに自宅で家族葬を行う場合は総額387,800円(税込)、お通夜を行わずに告別式と火葬のみの1日葬なら総額337,800円(税込)、火葬のみのシンプルな葬儀なら総額187,800円(税込)とかなりの低料金です。葬儀費用や葬儀全般で頭を悩ませている人には「葬儀コンシェル」がおすすめです。

  • 葬儀コンシェル

    24時間365日最短30分でのお迎えが可能「葬儀コンシェル」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥187,800(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★

    葬儀コンシェルでは、また、必要最低限のプランを安心価格で利用することができます。追加料金不要の家族葬と密葬プランも特徴です。 葬儀の相談は24時間365日、経験豊富なスタッフが対応しているので、突然のご逝去でも安心。 見積もりや葬儀の手配も行っています。60秒の簡単入力をすれば、無料資料請求も可能…

葬儀費用で知っておきたい返礼品の相場!選び方とマナーについて

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事