1. ホーム
  2. 葬儀の記事一覧
  3. 葬儀費用の相場
  4. 葬儀費用の相場はどれくらい?クレジットカードでの支払いも可能
2019.02.21
190 views

葬儀費用の相場はどれくらい?クレジットカードでの支払いも可能

葬儀費用はクレジットカードが使えるので安心!

葬儀費用はクレジットカードでも支払い可能

葬儀費用はまとまったお金がかかるため、支払いに不安を感じる人も多いのですが、最近では葬儀費用にクレジットカード支払いを受け付けてくれるところが増えていますので、以前ほど葬儀費用に関して心配をする必要はありません。

葬儀費用は全国平均では約200万円というデータがあるように、きちんとした葬儀を行うためにはかなりまとまったお金が必要となります。しかし、数百万円というお金を現金ですぐに用意できるという人は多くはなく、「いざ身内が亡くなって葬儀となった場合、葬儀費用が支払えないのでないか、どのようにしてお金をねん出すれば良いのか」と不安に感じる人も多くいます。

葬儀は身内が亡くなってからすぐに執り行わなければなりませんが、現金だけではなくクレジットカード払い、分割ローン払いで葬儀費用を支払えるところも増えてきていますので、「支払い方法は現金でなくても良い」とわかっているだけで、大分気持ちが楽になるかもしれません。

昔は、葬儀費用の支払いは現金一括払いのことが多く、クレジットカードを使える葬儀社はほとんどなかったのですが、このように利用者の利便性を高めるために、葬儀費用の支払い方法を現金だけではなくクレジットカード支払い、葬儀ローンによる分割払いを受け付けるところが増えてきています。現金がなくても葬儀費用に関して色々な支払い方法を検討できる時代になったといえるでしょう。

葬儀費用のうちお布施はクレジットカードが使えないので注意

葬儀を執り行うときには、葬儀のしきたりから参列者へのあいさつ、葬儀費用の支払いまで、遺族は不安でいっぱいですが、いくつもの支払い方法から選べると安心できます。また、支払いについて親切に相談に乗ってくれる葬儀社も増えていますので、葬儀費用の支払いに関しては心配する必要はないといえます。

葬儀は故人が亡くなってからすぐに執り行わなければなりませんが、葬儀を執り行うのは初めてという人も多く、きちんと故人を送ってあげたいと思いつつも頭がいっぱいになってしまうものです。

しかし、遺族として葬儀に関わることは人生に何度もあることではないので、わからないことが多いのは当たり前です。葬儀を行う際には、葬儀社と「どのような葬儀を行いたいか」を相談し、予算に応じた葬儀の規模、祭壇やお棺のランク、参列者にふるまう食事の金額などを決めるようにしましょう。

葬儀社に支払うものは「現金」「クレジットカード」「葬儀社の分割ローン」の中から支払い方法を選ぶことができるのですが、お坊さんにお渡しするお布施は現金で用意する必要があります。現金で支払えるものは支払い、足りない費用はクレジットカード払いや分割払いにするなど、葬儀費用を柔軟に支払うことができるようになっていることから、近年は利用者にとっての利便性がより高まっているといえるでしょう。

葬儀費用でクレジットカードが使えるものと使えないものを紹介

葬儀社にクレジットカードを使って支払えるものは?

葬儀費用はクレジットカードで支払えるものと、そうでないものがあります。一般的に、葬儀社に対して支払いを行うものは、葬儀社がクレジットカード払いを受けつけていればほぼすべてクレジットカードで支払うことができます。しかし、葬儀費用の中には葬儀社以外に支払うものも多くあり、それらは現金で用意しておく必要があるのです。

葬儀費用の内訳としては「施設にかかる費用」、遺体を安置する「安置料」、火葬の際にかかる「火葬料」、祭壇や祭壇まわりの枕飾りなどをまとめた「祭壇料」、「お棺料」、「遺体の運搬料」などがかかります。また、読経してくれるお坊さんにお渡しする「お布施」、お手伝いをしてくれた人に渡す「お心づけ」、「骨壺料」「看板費用」などもかかってきます。

このように、ひとくちに葬儀費用といっても内訳はかなり細かくなっており、それぞれの費用を足したものが「葬儀費用の総額」となっているのです。

葬儀費用を支払うときには、これらの細かい項目のうち、葬儀社に支払いをする分に関してはクレジットカードを使うことができるのですが、お坊さんにお渡しするお布施、お手伝いの人に渡す「お心づけ」、お坊さんの送迎代やお車代、運転手さんへのお心づけ、火葬料などは、支払い先が葬儀社ではないためクレジットカードを使うことができず、現金支払いのみとなっていますので注意が必要です。

葬儀費用のお布施にはまとまった現金が必要

仏式の葬儀では、お坊さんに来ていただいてお経をあげてもらうことが欠かせません。また、戒名も必ずつけてもらうことになります。葬儀費用において、この「読経料」や「戒名料」が含まれたお布施の金額は多くなりがちで、かなりまとまった金額の現金を用意する必要があり、数十万円必要な場合も多くあります。

仏式の場合、読経料は関東圏で20万~30万、関西圏で20万前後となっており、読経のために来ていただいたお坊さんの数だけ読経料が必要となります。また、戒名料もまとまった金額が必要で、例えば真言宗の場合は、信士・信女は30万~50万円、居士・大姉は50万円~70万円、院信士・院信女が80万円から、院居士・院大姉が100万円からとなっています。

これらの戒名料に読経料を足してお渡しする「お布施」は、このようにかなり高額になってしまうにも関わらず、クレジットカード支払いにすることができませんので、そのことをよく覚えておくようにしましょう。

葬儀費用の支払い方法は現金・クレジットカード・葬儀ローンから選ぶことができることが増えてきましたが、このように「お布施」だけは現金で用意する必要がありますので注意が必要です。現金がどうしてもない場合は、クレジットカードのキャッシングや即日融資可能なカードローンを利用するという選択肢もあります。

しかし、葬儀費用は相続財産から支払っても良いという決まりがありますので、故人の預金から支払うと、節税対策にもなりますので、お布施のためにお金を借りるよりもおすすめの方法となっています。

葬儀費用のクレジットカード払い 支払いのタイミングは?

葬儀費用のクレジットカード払い希望は契約時に伝える

葬儀費用をクレジットカードで支払う場合、いつまでに支払えば良いのでしょうか。また、支払い手続きの方法はどのようにすれば良いのでしょうか。クレジットカード払いを受け付けている葬儀社では、「葬儀の申し込み」のときにクレジットカード払いを申し出る必要がある、と定めているところが多いようです。

依頼後、「現金でと思っていたけれど、クレジットカード払いに変更したい」という変更は受け付けていないということになります。

例えば、低価格のセットプランで人気が上昇中の「小さなお葬式」の場合は、葬儀費用の支払いはクレジットカードの一括払いか分割払い、葬儀ローンの分割払い、現金の一括払いの中から選ぶことができます。そして、電話で葬儀の依頼をしたときに、どの支払い方法で葬儀費用を支払うかということをまず先に伝える必要があります。

特にクレジットカードを使う場合は、どのようなお葬式にしたいかを打ち合わせしている際に申し出ることとありますので、クレジットカードを利用しようと考えている場合は、葬儀社に真っ先に伝えておく必要がありそうです。

家族葬で人気の「葬儀コンシェル」でも、クレジットカードを利用することができますが、やはり葬儀の予約を電話で行ったタイミングでクレジットカード支払いをしたいということを伝えることとなっています。

  • 葬儀コンシェル

    24時間365日最短30分でのお迎えが可能「葬儀コンシェル」

    対応時間 24時間365日対応
    費用目安 ¥187,800(税込)〜
    対応地域 全国対応
    おすすめ度
    ★★★

    葬儀コンシェルでは、また、必要最低限のプランを安心価格で利用することができます。追加料金不要の家族葬と密葬プランも特徴です。 葬儀の相談は24時間365日、経験豊富なスタッフが対応しているので、突然のご逝去でも安心。 見積もりや葬儀の手配も行っています。60秒の簡単入力をすれば、無料資料請求も可能…

葬儀費用をクレジットカードで支払う時は原則前払い

葬儀費用をクレジットカードで支払うときは、現金払いと違い、「前払い」としている葬儀社が多くなっています。

現金一括払いの場合は葬儀が終わってから一週間から十日以内に支払えば良いというところがほとんどなのですが、クレジットカード支払いの場合は、プラン内容を相談して見積もりが出た段階で、クレジットカード決済を行わなければならないと定めている葬儀社が多いようです。まずクレジットカード決済をした後、見積もりのプランに従って葬儀をとりおこなっていくという流れになります。

葬儀費用は、見積もりよりも追加で費用がかかってしまうことがあっても、見積もりよりも安く済むということはまずありませんので、先にクレジットカード支払いを行っても、特に問題はないでしょう。どうしても後払いが良いという場合は、現金一括払いか、葬儀ローンを組む必要があります。

葬儀費用はクレジットカード以外に分割ローンの利用も可能

葬儀ローンでの葬儀費用の支払いを受け付けているところ、そうでないところがありますが、例えば「小さなお葬式」では、葬儀ローンを取り扱っています。小さなお葬式ではオリエントコーポレーションと提携し、WEBで簡単に手続きができる葬儀ローンを利用することができます。このローンでは、原則的に一営業日で審査結果を連絡してくれるので、ローンが使えるかどうかをすばやく知ることができて安心です。

葬儀を執り行うためにローンを組むことについては色々な意見があるものの、このような分割ローンを使うと、毎月少しずつ支払っていくことができるので、葬儀費用のためにお金がなくなったというようなことを防ぐことができ、日常生活に悪影響を及ぼす可能性が低くなります。

また、豪華な葬儀で送ってあげたくてもお金がないという場合でも、ローンを組めば希望通りの、ランクアップした葬儀を執り行うことが可能となります。もちろん、お金がほとんどないという場合でも、ローンを組むことで葬儀を行うことができます。

突然の葬儀でお金がないけれど、きちんとした葬儀をしてあげたいと考えるのは自然なことと言えます。そのような時は、葬儀ローンを組める葬儀社を選ぶと、お金の心配なく葬儀をきちんと執り行うことができるということを覚えておきましょう。

葬儀費用の相場はどれくらい?クレジットカードの限度額を超えてしまった場合は?

葬儀費用の全国平均は約200万円といわれていますが、最近では葬儀に費用をかけない家族葬が人気です。しかし、遺族としてはこぢんまりとしたお葬式にしたくても、地域の特性や親族の考えなどから、無理をしてでも豪華な葬儀を執り行わなければならない場合もあります。

しかし、葬儀費用の支払いに不安があるときでも、クレジットカード支払いができればとても安心です。ただ、クレジットカードには限度額が定められており、50万円や100万円という人が多く、限度額が足りないという場合もあるでしょう。

しかし、このようにクレジットカードの限度額が葬儀費用より低い場合であっても、クレジットカード会社に電話をすると、一時的に限度額を上げてもらえる場合があります。限度額が低い場合でもあきらめずまずは電話をして「葬儀費用をクレジットカード払いにしたいから、限度額を一時的上げて欲しい」という旨を伝えてみましょう。

また、日常では少額しかクレジットカードを使っていない場合、突然高額な金額でクレジットカードを使うと「不正利用ではないか」と心配されて、クレジットカード会社から電話がかかってくる場合があるかもしれません。そのようなことを防ぐ意味でも、クレジットカードを使う前に、インフォメーションセンターに電話して、葬儀費用をクレジットカードで支払うということを伝えておくと良いでしょう。

葬儀費用のクレジットカード払いを葬儀社が受け入れるメリットはあるの?

葬儀費用をクレジットカード払いができるということは、利用者にとっては非常にメリットが大きいのですが、葬儀社にとってはメリットがあるのでしょうか。長い間葬儀社は現金払いのみを受け付けていたのに、クレジットカード支払いと伝えると嫌がられるのではないか、と不安になってしまいますね。

実は、クレジットカード払いを受け付けることは、葬儀社にとってもメリットがあるのです。まず、一つ目は、利用者の利便性を高めることで、より顧客満足度が高い、支持される葬儀社に近づけるという点です。近年の高齢化で葬儀件数は増えているものの、葬儀社の数も増えており、競争が激しくなっています。

葬儀社はどこも「多くの人から選ばれる葬儀社」を目指しており、利用者が申し込みをしやすいように、支払い方法を選べるようにしているのです。

葬儀費用にクレジットカード払いを受け付けるもう一つのメリットは、未払の防止や迅速な支払いに繋がるという点です。葬儀費用を現金一括払いにすると言っていても、実際に支払う段階になると「お金が足りなくてすぐに支払えない」と言う利用者もやはりいますし、未払いのまま連絡がつかなくなってしまう人もいます。

葬儀社としては、そのような人達に支払い督促を行う手間もかかりますし、いつ葬儀費用を回収できるのかという目途もたちにくくなります。クレジットカード決済の場合は前払いとなりますし、金額もすぐに確定しますので、経営上も人的コストを削減することができます。

このように、葬儀費用をクレジットカード払いで受け取ることは葬儀社にとっても充分メリットがあることですので、遠慮せずに堂々とクレジットカード払いを申し出るようにしましょう。

葬儀費用の相場はどれくらい?クレジットカードでの支払いも可能

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事