1. ホーム
  2. 葬儀の記事一覧
  3. 葬儀費用の相場
  4. 葬儀費用を分割で払いたい!相場を知って準備しておくことも!
2019.02.21
38 views

葬儀費用を分割で払いたい!相場を知って準備しておくことも!

葬儀費用は分割で支払えるのか?

葬儀費用は意外と高額になる

2016年に日本消費者協会が行った調査で、葬儀にかかった費用は最高額が900万円ほどで、最低金額が20万円という結果が出ています。なお一般的な葬儀の平均額は200万円であることが分かっていて、意外と高額な行事になることを知っておくべきでしょう。

とはいえ、20万円で簡潔に済ませている人もいることから、かけようと思えばいくらでも掛けられて、その金額はピンからキリまであるということも分かります。普通に葬儀を行うと200万円かかってしまうので、その分の資金は必要になります。もちろん、安くすることも可能なのでできる範囲の葬儀を行うことも大事なポイントです。

一括で払える預金が無い!

200万円というお金がかかる葬儀に対して、自分の預貯金が足りている人は問題ありません。足りない人が困るわけです。特に葬儀を意識していない場合に、事故で急死してしまったり、病気が分かったとたんに容体が急変してそのまま亡くなってしまったりしたらどうでしょう。葬儀のその字も考えていないところへ200万円の出費は厳しいという人もいるでしょう。

通常であれば一括で葬儀費用を支払うのが当然の流れです。しかし、一括で支払うだけの預金はない人、急なことで準備ができていない人、故人の預貯金を利用しようとしている人などもいるでしょう。今手元に一括で支払えるだけのお金はない場合、どうすると良いのでしょう。

分割で支払えるのか?

一括で支払えないと分かった時点で、分割では支払えないのか?という疑問がわきますね。実は、葬儀会社に支払う金額については、分割で支払えることもあります。

審査が必要にはなりますが、葬儀会社によっては分割で支払うことができます。分割で支払えるかどうかは、葬儀会社によって異なるため、分割払いを希望するときには最初に確認をしておきましょう。分割で支払う方法や手続きの方法を教えてくれますよ。

葬儀費用を分割で支払う方法とは?

クレジットカードを利用する方法

分割で支払う方法の1つ目は、クレジットカードで支払う方法です。クレジットカードは、一旦一括で支払うようにしておき、あとから分割で支払うように手続きが可能なカードもあります。クレジットカードによっては、最初から分割で支払うことができるカードもあります。クレジットカードしだいではあるので、事前に分割手数料や回数を調べておくと良いでしょう。

葬儀ローンを利用する方法

葬儀ローンというのがあり、車のローンや住宅ローンのように分割払いできる葬儀専門のローンです。葬儀会社によっては、葬儀ローンを利用した支払いが可能になっています。全ての葬儀会社が対応しているわけではないので、ホームページで確認したり電話で聞いたりして確認しましょう。葬儀ローンを利用するためには審査があります。審査結果は即日出ますので、急な時でも対応が可能です。

銀行などで借金をして支払う方法

亡くなるまでに時間がある場合、銀行に資金を借りる相談をして見てはいかがでしょう。銀行の自由ローンなどが使えるようであれば、それで支払うことも可能でしょう。

借金をして支払う方法も、一種の分割払いと一緒の方法です。銀行だけでなく他人に借りるとかも、貸してくれる人がいるならば可能となります。しかしながら、身の丈に合った葬儀をする事で分割払いを回避することもできるのであれば、借金をしてまで葬儀をする必要はないです。見栄や虚栄心のために無理をするよりか、現実にあった葬儀をすることの方が大事です。

分割で支払えない場合

元々分割払いできない費用

分割払いができない費用があります。葬儀費用における、宗教者へのお礼に関する費用です。お礼やお布施といったものは、クレジットカードで支払えるものではなく、ましては分割で支払うことは不可能で、現金でその場で手渡しをするのが通常です。

理解ある寺社や懇意にしているお寺で読経を依頼する場合には、相談にのってくれる可能性もあります。葬儀会社から斡旋してもらったお坊さんであれば、葬儀会社が立て替えておいて後から葬儀会社から請求がくることはあります。しかし、普通は分割で支払えない費用です。

心づけも現金手渡しでするものなので、この費用も分割で支払えません。葬儀では現金がある程度必要になるため、現金無しで支払いをしようとするのは無理があります。

審査が通らなかった

葬儀ローンを利用しようと思って申請したところ、審査が通らなかったらどうなるでしょう。この場合も、分割で支払うことができません。葬儀会社からの一括支払いに応じるしかないのです。

葬儀ローンの審査は、車のローンや住宅ローンなどが通っている人なら審査で落とされることは少ないでしょう。ただ、どんな審査を行っているのかは分かりませんので確実にローンで支払えるかどうかは定かではありません。万が一通らなかった場合の支払い方法は、葬儀会社と相談しておく必要があるでしょう。

金額が高すぎた

クレジットカードで支払おうとしたが、限度額にひっかかって支払えなかった。金額が少額なら通ったローンの審査も、あまりの高額になってしまったら審査も通りにくくなります。いい葬儀をしようという心意気や気持ちだけでは、どうにもならないこともあります。支払い可能な金額の葬儀の方が、あとから困ることがありませんのでおすすめです。

葬儀の費用が高すぎるから分割で支払おうとしているのに、費用が高すぎるためにローンが組めずに支払えないということもありえます。金額が高すぎてしまい、破産するしかなくなった人もいるほどです。

葬儀費用の相場を知り値下げをしよう!

透明化された見積もりを依頼しよう

葬儀費用を抑える方法として、葬儀費用の内訳をしっかりと把握することです。それには、透明化された葬儀費用の内訳を教えてくれる葬儀会社を見つけることです。葬儀会社に見積もりを依頼して、費用の内訳を知りましょう。その上で必要がない事やサービスを削ってしまい、必要最低限の葬儀にしましょう。

葬儀費用を抑えるには、相場を知っておくことと、葬儀で本当に必要なことは何かを知ることが重要です。葬儀会社を選ぶときも、見積金額の安さだけでなく明細がしっかりと書かれていることを確認して選びましょう。○○一式などで、それが何かが分からいならば、この中に入っていませんと追加料金が発生する可能性も高いので注意しましょう。

補助金を使おう

国民健康保険や社会保険の被保険者であれば、埋葬料を受け取ることが可能です。健保組合によっても支払われる金額は異なりますが、50,000円は支給されます。20万円の支給がある組合もあり、組合や地域によって付加支給額は違っています。詳しいことは加入している保険に確認しましょう。

生活保護を受けている人であれば、葬祭扶助の適用を受けた場合には自己負担金額ゼロで最低限のお葬式をすることができます。葬祭扶助は葬儀を行う人が生活保護を受けていたり、生活保護を受けていた人が亡くなって身寄りがない人が対象の葬儀に関する保護です。給付金額は約20万円となっていてこの金額以内であれば、自己負担金無しで葬儀ができます。

香典の収入も当てに?

弔問客の香典の収入も、人数が多ければ当てになります。出費の費用が増えるようならばデメリットも多くなる弔問客の増加。香典収入と香典返しや通夜や告別式での接待などとのバランスを考慮して、どちらがお得になるかは考えておくと良いでしょう。

身内であっても手ぶらで来る人はほとんどいません。香典をもって来る人の方が多いです。香典の収入も馬鹿にならない金額になることもありますが、いくらになるかは始めてみないと分からないのが難点です。

グレードを下げよう

祭壇やお棺、装飾の花などは、ピンからキリまでの料金設定があります。見積もりを依頼して、これでは高いなと感じるのであればグレードを下げてしまいましょう。一般的な葬儀で行おうと思っているなら、家族葬にするとか、通夜を無くして告別式だけにするなどの費用が下がるようにしましょう。

葬儀会社は、「そんなことすると故人が悲しみますよ」と遺族の悲しみを逆手に取って、高額なプランを薦めることもあります。しかし、故人はもうすでに亡くなっていて悲しむかどうかなんてわかりません。自分が苦しむくらいなら、支払える可能な現実的なプランにするべきです。足元を見てくるような葬儀会社はお断りをし、現実的なプランを紹介してくれる葬儀会社を選びましょう。

葬儀費用を前もって準備しておこう

一般的な葬儀をするなら

200万円かかると思って、準備しておきましょう。自己資金で賄うもよし、家族で出し合って準備しておいても良いでしょう。急なことでなければ、コツコツと貯めておくと良いでしょう。

葬儀費用をねん出するために、危ないなと感じてきたら貯めておけばあたふたしなくてすみます。200万円あれば、おおよその葬儀は可能なので、葬儀費用としては200万円を準備できれば問題ないでしょう。

現金で準備するのが基本

葬儀費用を前もって準備しておくならば、現金で準備しておくべきです。現金で準備しておけば、お布施や心づけなどの現金で払う費用にも対応できます。急なことでも対応可能であるため、現金で準備しておくのがベストです。

また、現金で準備できている金額で支払える葬儀にすることでも問題は無いでしょう。身内の中には、見栄っ張りや口だけ出す人などもいて、もめることもあり得ますが、口を出すならお金も出してもらいましょう。

保険金も良いが間に合わないこともある

保険金で準備しておこうという人もいるでしょう。保険金が下りてしまえば、葬儀費用も払えるような保険に加入してあるから大丈夫!と思っていても実際に保険金が下りるのは、亡くなって直ぐではありません。ほとんどの場合、葬儀費用を支払うのに間に合わないです。保険金を支払う前に、保険会社が調査をすることもありますし、特に急死の場合には事件性が無いかどうかの判断をするために時間を要することが多いです。

葬儀費用を支払うには間に合わなくても、手持ちの資金で払ってしまっておいて、保険金で補填することも可能なので保険も大事なものです。できれば、葬儀費用分の保険金が下りてくると楽になるので検討してみても良いでしょう。

葬儀のことを家族で話し合っておく

前もって準備するために、葬儀の方法を家族や身内で話し合っておくことも大事です。家族葬にするのか、一般的な葬儀にするのか、はたまた簡素な火葬だけの葬儀にするのかで金額は違います。事前に決めておくことで、いざというときにすぐに対応できますよ。

故人の預金で払おうと思っているのであれば、亡くなる前に葬儀費用として別名義の口座に入れておくか、現金で持っておくかしましょう。銀行口座は預金凍結によって、下ろすことはおろか引き落としや移動も受け付けなくなります。預金凍結対策をしておくことも、事前の準備としてとても大事なことになります。

支払える葬儀にしよう!

分割で支払える葬儀会社を選ぶ

確実に分割で支払える方法はありません。何故ならば、ローンには必ず審査があり審査が通らないこともあるからです。万が一ローンの審査に落ちた場合には、どうするのかを考えておいた上で分割で支払える葬儀会社を選びましょう。

審査が通らなかった場合も含めて、葬儀会社に相談しても良いでしょう。分割で支払えると謳っている以上は、その部分の対処方法も教えてくれるはずです。依頼をしてしまってから、分割で支払いたいというのではなく、最初から分割払いを想定して相談しておくのがベストです。依頼をしてしまってからだと、金額が決まってしまっていて審査に落ちた時それの支払いをしなければなりません。

しかし、依頼前なら万が一の場合には、ランクを落とすなどの対応をしてみるなど、様々な方法があります。最初から支払いまで見越して相談してください。

分割払いを選択したとしても

一旦分割払いをしておいて、保険金が下りて来たり預金凍結が解除されて払えるめどが立ったりしたら払うという方法もあります。急なことで準備不足であっても、保険があったり故人の預貯金でまかなえたりする場合には、今すぐには払えないからとりあえず分割でという方法はありです。

そういう場合には、銀行などで相談して借金をした方が良い場合もあります。後で確実に支払えるからというのであれば、その証拠書類を添付すれば審査も通りやすくなりますよ。

身の丈に合った葬儀にしよう

いくら分割で支払いができるといっても、そのために生活が苦しくなり挙句の果てには、破産したり債務整理をしたりしなければならないなら本末転倒です。そもそも論として、分割で支払わなければならないような葬儀をすることが、果たして正解なのかどうかです。

身内ともめる原因にもなるかもしれませんが、支払えないような葬儀ではなく、身の丈に合った葬儀を行いましょう。見栄で葬儀をするものでもないですし、良い戒名を付けて欲しいから高額なお布施を支払うなどが果たして故人のためでしょうか。無理なくできる葬儀で充分であり、亡くなった人への供養は感謝の気持ちを込めてする事の方が大事です。

葬儀費用を分割で払いたい!相場を知って準備しておくことも!

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事