地域医療の先生方へ

医療安全管理室

 

■特徴

『患者さんを守る・仲間を守る・自分を守る』 医療安全活動を行ってます!

医療の質の向上と安全の確保は患者さんに限らず、みんなの願いであり、医療安全管理室では職員みんなといっしょになって、この課題に取り組んでいます。
また、職員が針刺し事故や医療過誤を起こさないように、「職員の安全を守る」
活動も行っております。

『医療安全管理室は、患者さんと職員の「救急箱」です。』

1.医療安全に関する基本方針

安全で質の良い医療の提供のために医療人に必要な職業倫理を育み、患者との良好な信頼関係を構築する。ヒトは誤りを犯すという前提に立ち、個人レベル及び組織的に事故防止に取り組む。

2.医療安全管理体制

当院の医療安全管理体制は、以下の委員会等で構成しています。

・病院全体の医療安全を管理・指揮する医療安全管理委員会
・全職種の代表が構成員となり安全な医療について検討や活動を行うリスクマネージメント委員会
・各部署それぞれに医療安全活動を行うリスクマネージメント部会
・インシデントレポート類の管理・部署間の調整・患者相談窓口などを役割とする医療安全管理室

3.医療安全目標

1.医療安全への職員の意識が高まる
2.事例の原因究明・分析に基づく再発防止対策の徹底
3.リスクマネージメント委員会・各部会の活動が積極的に行われる
4.職員の医療安全に関する手順の周知・徹底を図る
5.患者参加の医療安全に取り組むことができる

これらの目標に沿ってゴールを設定し、医療安全管理委員会・リスクマネジメント委員会・各部会が中心となり活動します。活動内容としては、院内ラウンド、インシデント事例の分析・対策の検討、院外からの安全情報の広報、医療安全研修会の開催を中心に、九州の3つの労災病院が協力して行う「九州3病院間医療安全相互チェック」など、組織横断的に活動しています。

チャート

4.インデント報分析システムを導入しています

院内ネットワークを利用して、インデントシステム報告を行っています。このシステムの中で、事例分析(メディカルセーファー分析)ができます。

イラスト
インデント写真1 インデント写真2

5.リスクマネージメント委員会

医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・栄養士・臨床工学士・リハビリ技師・事務職員で構成された委員会です。リスクマネジメント委員会は二つのグループに分かれて活動を行っています。内部監査グループでは、これまで「入院時患者持参薬管理の手順」「注射準備から実施までの手順」などについて監査を行い、実際に手順が守られているかを確認し手順遵守の必要性を啓蒙しています。患者参加グループでは、患者さんも医療安全に参加していただくための季刊誌を作成しています。

内部監査イメージ
内部監査イメージ
医療安全修研修会の様子
患者さん向けの医療安全季刊誌
手順の遵守状況に関する
内部監査
医療安全修研修会
患者さん向けの医療安全季刊誌

6.医療安全管理委員会

院内医療安全パトロール

11月の医療安全推進週間に、医療安全管理委員会メンバーが中心となり、院内の環境および各種手順の遵守状況を確認しています。

インデント写真1 インデント写真2

7.当院で採用している安全器材などの一部

インデント写真2

写真上
KCLのワンショットができないプレフィールドジリング

写真下の左
針刺し事故を防ぐための翼状針や留置針

写真下の右
逆血防止弁付きの閉鎖式輸液セット


INDEX 看護部 | 薬剤部 | 放射線科 | 検査科 | リハビリテーション科 | 栄養管理室 | 医療安全管理室 | 臨床工学部